Skip to Content

ユーザーフレンドリーソフトウェア:iBest

進化したUI:iBest Software

iBest-內-2

簡易性

手順が明確な製造プロセス設定方法で、説明書が無くても操作に成功します。

完全性

多様な製造プロセスメニューで、各種のテスト需要に対応します。
  • テストモード:
    定電流 (CC)、定電流-定電圧 (CC-CV)、定電力 (CP)、パルス(Pulse),
    ユーザーが自ら定義/ドライブシミュレーション(Drive Simulation),
    ACIR, DCIR,電流スロープ(Current Ramp),電圧スロープ(Voltage Ramp)
  • 製造プロセスのカットオフ条件:
    Time, EV, EC, ET, mAh, Wh, END mAh , Total mAh, Total Wh, SoC, END SoC,
    Ni-MH conditions, Gauge conditions, BMS conditions, Chamber conditions
  • 保護メカニズム:
    OC, LC, OV, LV, OT, Verr, Cerr
各種の国際標準テストモードをサポートしており
  • パルス:
    Intel Turbo Boost, GSM, PWM
  • ドライブシミュレーション:
    FUDS, DST, HPPC
  • 直流抵抗測定:
    ISO 12405, IEC 61960
null

▲ FUDS試験波形曲線

null

▲ DST試験波形曲線

カスタマイズ化

変数設定機能をインポートし、多様な充/放電プロセス及びデータ記録をサポート。
テストプロセスを自由に設定できます。

統合

恒温槽、BMSデータコレクター、電圧/温度データコレクター等
各種プラグインモジュールを制御して単独制御の煩わしい操作が不要です。

インテリジェント

C-rate、mAh/g、電流スロープ等、
マルチの便利なプロセス設定モードを提供し、プロセスの編集を加速。

安全性

製造プロセスの設定完了後、シミュレーションテスト曲線がプレビューできます。
また、バッテリーに対して保護ポイントを設定して人為ミスによる事故の発生を防ぎます。

null

▲ プロセスシミュレーション図

機密保持

パワーバッテリー向けのBMS通信プロトコルCANBusをサポート、
dbcファイルは自ら振り込むことで、通信プロトコルを開示せずテスト中にBMSデータを収集が可能。

管理制御

マルチ ユーザ権限をサポートするアカウント管理メカニズム。

パーソナル化

マルチのチャネル状態の表示パネル及び色の選択を提供し、
個人の好み及びプロセスの実行状況に応じ自由に調整が可能。(図1, 2, 3)

null

▲ 図1 プリセット状態ディスプレイパネル

null

▲ 図2 32チャネルの状態ディスプレイパネル

null

▲ 図3 4チャネルの状態ディスプレイパネル

一目瞭然

メイン画面は各テストチャネルの現況をはっきりに表示し、
詳細はユーザーのご要望により異なるパネルを選択でき、重要な情報は抜かない。

リアルタイム

製造プロセスの実行時にテストデータが表示できます。テスト結果をチェックして、
製造プロセステストを変更することができます。製造プロセスが終了するのを待つ必要はありません。

null

▲ リアルタイムなテスト曲線図

柔軟性

予約一時停止機能が付いており、製造プロセス中、
指定時間に一時停止することができるため、監視する必要はありません。

效率

プロセスを実行する時は、デバイスはコンピュータに接続する必要なくデータ記録が行えるので、
デバイス効率を高めます。

保障

未完成のプロセスは、中断後にその他のチャネルを接続して実行できます。

省時間

多種類のテストデータ表示方法により、研究者はニーズに応じて変更が可能です。

  • 図形の縮小と拡大表示。
  • テキストと図形のレポートによる表示。
  • 図形はX,Y軸パラメータが設定可能です。

便利性

  • 様々なチャートテンプレートを内蔵しており、ユーザーの要求に基づいて選択するか、
    自ら新しいテンプレートを作成できます・
  • テスト図形と文字によるレポートを同時に表示し、
    併せてデータ相互参照メカニズムを提供します。(図1)
  • データ検索機能により、
    調べたいテストデータを素早く選別できる。

専門家

自発的に循環テストデータを解析し、各回の循環データを追加してグラフを作成し、
ライフテストレポートを生成します。研究者はライフテストの結果を迅速に評価できます。(図2, 3)

null

▲ 図1 テスト曲線図及びレポート

null

▲ 図2 循環テスト曲線図及びレポート

null

▲ 図3 寿命テスト曲線図及びレポート

オープン

テストデータは.csv形式でエクスポートが可能です。
お客さまは慣れているサードパーティー製ソフトウェアでファイルを開いて利用でき、
データの使用性が高まります。